2022年2月6日 鈴木舞リサイタル
汐留ホール14時開演
サロンコンサート Konzertina Ginza
アートの入り口,コンチェルティーナにようこそ。 銀座の小さなサロンです。 
〒104-0061 東京都中央区銀座4-8-14 陽光銀座ビル2F 
 Google Map  

NEWS

新型コロナ感染症の拡大に伴い、コンチェルティーナGINZAでの銀座18クラシックは、開催困難な状況となりました。
優れた演奏家の息遣いを身近に感じていただけるサロンの閉鎖は大変残念です。
アーチストの演奏を維持し、演奏家支援を継続するため、2020年より汐留ホールをお借りして、銀座18(でちょっと)クラシックを継続しています。
定員80名を減らし、感染症対策を徹底して開催しておりますので、クラシック音楽の灯火を消さなためにも、お運びいただけましたら幸いです。


202.2.6(日)

鈴木舞リサイタル
場所 :日仏文化会館汐留ホール
13時30分開場 14時開演
 
鈴木舞
東京藝術大学を卒業。ローザンヌ、ザルツブルク、ミュンヘンで研鑽を積む。ヴァーツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール第1位。スピヴァコフ国際ヴァイオリンコンクール第2位。ヨルマ・パヌラ指揮クオピオ響はじめホーフ響、モラヴィアフィル、ローザンヌ室内管、クロアチア放送響と、国内では読売日響、東響、日本フィル、日本センチュリー響等と共演。フランスや日本の作品によるデビュー録音ではCD「Mai favorite」(キング)が2021年「ルドン、ロートレック展」のオーディオガイドに採用されたほか、CD「アンリ・マルトー: 作品集第5集 - 24のカプリース Op.25」(ドイツ Solo Musica)に参加。日経ミュージックセレクションCDでは東響とベートーヴェン、マスネを収録した。使用楽器は1683年製のニコロ・アマティ。https://maiviolin.com

福原彰美
14歳で浜離宮朝日ホールにてデビューリサイタルを開催、そのライヴ録音が学研プラッツレーベルよりCD発売される。15歳で単身渡米、サンフランシスコ音楽大学とジュリアード音楽院で学ぶ。2017年、ソロアルバム『ブラームス:ピアノ小品集』(Acoustic Revive)がレコード芸術誌の準特選盤、オーディオアクセサリー誌の特選盤に選ばれる。秋山和慶指揮/東京交響楽団「名曲全集シリーズ」、サンフランシスコ交響楽団室内楽シリーズ等で好評を得る。これまでにクリスティーヌ・ワレフスカ(チェロ)、ナサニエル・ローゼン(チェロ)、ピエール・アモイヤル(ヴァイオリン)各氏と共演する。訳書に、ブラームスの演奏法についての音楽書『ブラームスを演奏する』(音楽之友社、共訳:天崎浩二・福原彰美)。http://www.akimifukuhara.com/jp/